予算と景品の数

BINGOカード結婚式の2次会の幹事を任されると、目玉イベントとなるビンゴゲームなどの景品を選ぶ必要があります。
景品の選び方は、会場の盛り上がりやゲストの満足度、掛かる費用に多大な影響を及ぼすこととなります。
その点を踏まえた上で、予算の立て方や景品の購入方法の計画を作成することが大切です。

まずは、ゲスト1人あたりの会費にゲストの人数を掛け、会費の総額を算出し、そこから飲食費、諸経費を引いて、景品にかけられる予算を決定することから始めましょう。
次に、いくつの景品を用意するかという問題があります。たくさんの景品を用意すれば、多くの人に品物が行き渡りますが、一品あたりの予算が少なくなり、当選した人の満足度が低くなってしまいます
それに対して、点数を抑えて高額の景品数を増やす場合、当選者の満足度は上がるものの、その盛り上がりは数少ない人に限定されてしまいます。それらの事情を考慮に入れて、高額景品と残りの景品の点数や金額、内容をバランス良く考えることが大切です。
また、ゲストの年齢や性別によって、リクエストの多い景品を重点的に用意すれば、さらに喜ばれるでしょう。

そのようにして、用意する景品のイメージが湧いたら、次に、購入方法を考えるステップへと進みましょう。

 

利用する店舗の選択

通販ショップ景品を購入するために利用できる店舗は、大きく分けてリアルショップと通販ショップの2種類があります。
どちらの店舗を利用するにしても、前もって何をいくつ買うのか、リストアップしておくことが大事になります。
行き当たりばったりの買い方をすると、ついつい無駄な物まで買い込んで、予算オーバーになってしまいがちです。
また、1つの店舗で全ての景品を購入すれば、そのお店のポイントサービスを有利な条件で利用できますが、多彩なジャンルの景品を用意するには、複数のショップを利用するのがおすすめです。

景品の購入に実店舗を利用する場合、商品を間近で見たり、手に取ったりして確認できるというメリットがありますが、現地まで足を運ばなければならないほか、紙仕様のレシートを管理する手間暇が発生します。
その一方で、通販ショップ利用の場合には、屋外の店舗を訪れる必要がなく、予算の管理がウェブ上で行なえるため楽になりますが、商品の現物を確認できないため、イメージ違いのトラブルが起きやすくなります

そのようにして、景品を用意したら、ラッピングをすることで、豪華な雰囲気を盛り上げることができます。また、景品を入れるための袋を用意して、当選者の便宜を図ることも大切です。


TOPIC|二次会景品は景品ショップマイルーム
二次会景品・ビンゴ景品を専門にしている通販ショップです。

Writen by 管理人